スポンサーリンク
バスケット

高速道路の運転が怖い人へ!その理由と対策を大公開!

スポンサーリンク
Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

現代の車社会において、高速道路は身近でとても便利なものとなりました。

遠方に出掛ける時などに利用する事が多いと思いますが、運転初心者や

普段高速に乗らない人には、なかなか高速道路での運転が怖いと

感じる方も多いと思います。

この記事で少しでも皆さんの怖い気持ちがなくなればと思います!

 

やっぱり1番怖い合流

普段高速に乗らない人や、苦手な人の話を聞くとほとんどの人がおっしゃるのが

本線への合流が怖い・・・ とゆうことです。

片側の車線が2、3本ある高速でしたら後続の車が避けてくれる事もありますが

地方などには片側1車線しか無いような所もあります。

実際に管理人が住んでいる所の高速は(自動車専用道路とも言いますが)

片側1車線の2車線の道路です。田舎ですので仕方ありませんが・・・

 

そんな片側1車線の道路ですと、合流は不慣れな人では難しく感じます。

しかもそうゆう高速に限って、加速レーンが短かったりするんですよね・・・

そんな理由が重なって苦手意識や、恐怖心が出てきてしまいます。

 

ではどうしたらスムーズに合流できるようになるのでしょうか?

スムーズに合流する為のコツと対策

スムーズに合流するコツとしては、やはり後続車との位置関係が大事です。

詰めてこられていては入れませんし、事故を起こすんではないかと心配になりますよね?

後続車との距離の確認や周りの確認はやはり、目視が1番です。

前方も気にしなければならないため、サイドミラーでしか確認しない人がいますが

サイドミラーのみでの確認は慣れてからにしましょう。

かといって、後方ばかりに気を取られていてはぶつかってしまいますから

もちろん前方も確認して下さいね!^^

ある程度前も後ろも見えるように首を振っておけば事故は防げます。

 

目視をしてあまり詰められていなければ、ゆっくり合流しましょう。

あまりにもゆっくりではいけませんが、慌て過ぎて一気に入るのもよくありません。

あと、当然ウインカーは点灯していると思いますが、慣れないうちは加速レーンに

入る手前から点灯しておきましょう。

早く点灯させても何も問題はありません。

加速中にする事が1つ減りますし、一石二鳥ですね^^

 

やはり事故の事が頭をよぎる方も多いとは思いますが、

よっぽど乱暴な運転をする人でない限り、後続車が減速してくれたり

入りやすいように車間距離を取ってくれたりします。

皆、事故を起こしたくはありませんので心配無用です^^

 

あとちょうど加速中に本線の車と並んでしまってタイミングがわからない・・・

なんて事もよく聞きますが、基本的には本線の車を先に行かせましょう。

そうゆう時は、こちらが少し加速を緩めて下さい。

そして行き過ぎたのを確認して合流しましょう。

 

あと、加速レーンで止まってしまわないようにしてくださいね。

タイミングを逃して入れなかった上に、もう加速レーンが無い・・・

止まってしまうと加速するのが難しくなります。

人間もそうですよね?

立ち止まっている状態から走って加速するよりも

歩きながら加速するほうがしやすいですよね?

車も同じです!なのでタイミングが無い時は無理に加速せず

加速レーンでノロノロ動きながらでいいのでタイミングをうかがって下さい^^

 

 

如何だったでしょうか?

便利な高速道路の安全に使って快適なドライブを楽しみましょう^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
markpekedesuをフォローする
チョコ blog

コメント