スポンサーリンク

武漢から帰国した日本人、2人が新型コロナウイルスの検査に同意しなかった結果ww政府どうなってんだこれww

スポンサーリンク

 

厚労省は28日、同チャーター機に医師1人、看護師2人、検疫官1人を同乗させることを決めた。

日本からチャーター機に乗り、退避する日本人に対して復路の機内で診察や検疫を実施する。

高熱などで移動が困難と医師が判断した場合は、チャーター機への搭乗を見合わせることもある。

 

一般の患者や外来受診者と離れた場所で改めて検査し、陰性と分かるまで自宅や千葉県勝浦市のホテ

ルで待機してもらう。厚労省によると、ホテルには191人が泊まった。

第1便では、症状の無い2人が帰国後の検査に同意せず、検疫官が自宅に送り届け、

今後も健康状態を確認することになった。

自宅や施設への移動手段は政府や企業などが手配。

政府は帰国者に1週間は外出せず、その後1週間も不要な外出をしないよう求めている。

 

政府は29日以降に民間機を使った第2便を出すことを検討している。

外務省は、政府専用機の使用についても「あらゆる手段を追求している」(海外邦人安全課)

として可能性を除外しなかった。

 

ネット上ではこの件に関して様々な意見が上がっている。