バスケットのポジションの種類は?どんな役割があるの?

スポンサーリンク

こんにちわ。

今回はバスケットのポジションについて解説していきます。

分け方によっては様々なポジションの名前がありますが、今回は1番代表的な5つの

ポジションを紹介します。

ミニバスでもポジションを分けている所もありますが、中学校ではほぼ分けられていると思います。

この記事が自分のポジションを決める参考になればうれしいです^-^

 

バスケットのポジションって?

1、ポイントガード

まず最初に紹介するポジションはポイントガードです。

(以降PGと書きます)

PGはチームの司令塔です。

チーム全体をまとめ、コート上の監督と呼ばれるポジションです。

ドリブルやパスでフロントコートまでボールを運んできてゲームを組み立てます。

一般的には背の小さい選手がする事が多いポジションですが

ドリブルやパスが得意な選手が起用される事も多いです。

それだけでなく、アウトサイドシュートの能力も求められます。

 

あとはチームの司令塔ですので、チームの中でも責任感がある、

チームメイトを活かせる、等の能力がある選手が多いですね。

 

NBAでゆうと、ステフィン・カリーやクリス・ポールです。

日本では田臥選手や富樫選手ですね。

 

2、シューティングガード

次はシューティングガードです。

(以降SGと書きます)

SGはアウトサイドシュートが得意な選手がなるポジションです。

基本的には3ポイントシュートが得意な選手が多いのですが、

ポジションとしては45度、ウイングに配置されますのでPGと同様に

パスやドリブルの能力も求められます。

SGにもガードの名前が付いているように、PGと一緒に試合を組み立てて行きます。

3ポイントは距離も遠く、近いシュートに比べれば確率も悪くはなりますが

一気に3点が入り、試合の流れを引き寄せる効果も抜群です。

 

NBAではジェームズ・ハーデン、クレイ・トンプソンです。

日本では辻選手、比江島選手ですね。

 

3、スモールフォワード

次はスモールフォワードです。

(以降SFと書きます)

SFはチームの点取り屋です。

基本的にはSGの反対側の45度、ウイングに配置されます。

1対1の能力が求められ、アウトサイドだけでなくインサイドのプレーもします。

どこからでも点を取ることができ、チームで1番身体能力が高い選手が

抜擢される事もあります。

SFはインサイドでのプレーも要求されるので、身長はもちろん体の強さも必要です。

バスケットで1番カッコいいポジションと言われたりもしますが、その分

しっかりとした点取りの能力が必要です。

 

NBAではレブロン・ジェームズ、ポール・ジョージです。

日本では馬場選手、渡邊選手ですね。

 

4、パワーフォワード

次はパワーフォワードです。

(以降PFと書きます)

PFはゴールに近いインサイドを中心にプレーします。

体を張ったプレーやリバウンドを中心にアウトサイドまで幅広くプレーします。

チームの中でも背の高い選手がする事が多いポジションです。

昔ではアウトサイドのシュートをほぼ打たないポジションでしたが

現在では3ポイントもしっかり決めれる選手が多いです。

アウトサイドのプレーヤーにスクリーンを掛けに行くことが多く

ボディコンタクト(接触)も多いポジションです。

リバウンドを取らなければならないため、ジャンプ力も求められます。

 

NBAではカーメロ・アンソニー、ヤニス・アデトクンボです。

日本では竹内兄弟が知られています。

 

5、センター

最後はセンターです。

(以降Cと書きます)

センターはゴールの1番近くでプレーをし、PFと同様に体を張ったプレーが多いです。

チームで1番背の高い選手が抜擢され、チームの大黒柱のポジションです。

PGと同様にチームをまとめる能力などが必要とされます。

Cはディフェンスもオフェンスもゴールに近い所でプレーするため常に

コートの端から端まで動かなくてはならず、体力も要求されます。

CがしっかりしていないチームはいくらPGやSFが優秀でも成り立ちません。

土台がグラグラでは上にどんな物を積んでも崩れてしまいますよね?

それと同じ原理です。

オフェンスはもちろんディフェンスでもチームの要であり、ブロックや

リバウンドの能力が求められます。

 

NBAではアンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズです。

日本では大田選手、ニック・ファジーカスですね。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は主な5つのポジションと役割についてでしたが、参考になりましたでしょうか?

自分が得意な事でポジションを選ぶ人がほとんどですが、

チームに足りないポジションも補うために、違うポジションの、練習をしたりもします。

5つのポジションが全部揃っていないとダメ!とゆうことはありません。

そのチームによっても変わってきますので、正解はありません。

 

自分たちにあるもの、足りない物話し合ってポジションを決めるのも

良いかもしれませんね^^

 

コメント