スポンサーリンク

18歳の少女が5年間毎日リンゴを3個だけ食べ続けた結果こうなった・・・

スポンサーリンク

ヴィクトワール・マソン・ドーセールは当時18歳のフランスの高校生でした。

卒業試験のために頑張って勉強していた彼女は、ある日の午後、息抜きのためにショッピングに出かけました。

しかし、これが悪夢の始まりでした。

 

 

 

 

 

 

モデルへの道へ

ヴィクトワールは、街でモデルをしてみないかとスカウトされたのです。

名門パリ政治学院への進学を考えていた彼女でしたが、きらびやかなモデルの世界への興味から

進路を変更し、有名なエージェンシー「エリート」でモデルとしてのキャリアをスタートさせまし

た。

しかし、それはヴィクトワールが思っていたよりもシビアな世界でした。

「誰も『減量しろ』と言われるわけではない。でも『9月のファッションウィークでデビューする。

サイズは32〜34(日本の5~7号)だから、それが着られないと困る』と言われました」

真面目な彼女は毎日りんご3個のみを食べ、スパークリングウォーターでお腹を膨らませて

空腹感をしのぎました。

この他に口にしたのは、1週間に1度の一切れの魚か鶏肉。その結果、スカウトされた時は

身長178センチですでに56キロしかなかった体重を、その後数か月で47キロまで落としました。

小さい服が着られるようになったヴィクトワールはその細い体でパリ、ミラノ、ニューヨークで

オートクチュールのショーの仕事をゲットし、華々しい活躍を始めます。

アレキサンダー・マックイーンやMiu Miuなどのトップブランドなど一流メゾンのモデルに起用さ

れ、気がついたときにはトップモデルの一人になっていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

減量の代償

しかしその裏には辛い現実がありました。ヴィクトワールは拒食症になっていたのです。

「脈が弱く、髪の毛が抜け落ちて、骨粗しょう症になり、生理も止まりました」ショーの間に、

気を失ってしまうこともあったと言います。

その後落ち込むことが増え、鬱状態になり、徐々に過食症と自殺願望などに悩まされるようになって

いきます。

モデルを初めて8カ月後、ついに自殺を図ります。

みんなからは『夢のような生活を手にいれたのに』と言われたけれど、

私はそのとき人生で一番惨めでした」

ヴィクトワールはその後、完全にスポットライトから身を引きました。

 

モデルをやめてから

そして23歳になったとき、「どんなに痩せても痩せ足りない―あるトップモデルの日記

(原題、Jamais assez maigre: Journal d’un top model)」という本を出版します。

この中で彼女はドイツ出身のファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドの

「シャネルのスーツは胸のある女性には合わない」との発言を強く批判しています。

女性は胸があるのが普通なのに、なぜそれに合う服を作らないのかと。

ヴィクトワールが著書を発表する1か月前、フランスの議会は極端に細身のモデルを禁止する法案を

可決しました。議場では彼女が綴った手紙が読み上げられ、賛成票を増やす一助になったと言いま

す。

 

 

 

 

 

 

今ではサイズ38に戻ったというヴィクトワールの新しい夢は、女優になることだそうです。

彼女はモデルを目指す女の子たちに対し、「誰かが痩せなさいと言われたら、逃げなさい」と

アドバイスしています。

絶対的なかん口令が敷かれていると言われるモデル業界で働く女性のうち、

多くが拒食症に苦しんでいると言われています。

規制も必要かもしれませんが、それよりも大切なのは、周りからの思いやりや、

健康に対する正しい知識なのかもしれませんね。