スポンサーリンク
ニュース

小室さん2021年まで帰国しない!?泥沼化する眞子さまと小室さんの結婚問題!

スポンサーリンク
Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

連日情報番組などで報道されている、秋篠宮眞子さまと小室圭さんとの結婚問題。

昨日某週刊誌で「小室圭さんが2021年まで帰国しないと宣言」とゆう記事で大きな反響を呼んでいる

泥沼化する結婚問題。

今後どうゆう進展を見せるのか全く予想がつかないが、一番有力とされているのは次の説だ。

 

先月30日に54歳の誕生日を迎えた秋篠宮殿下が記者会見を行い、長女の眞子さまと小室圭さんの結婚

問題に言及された。

昨年の会見で明言した「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約に当たる納采の儀

は行えない」という姿勢を維持した上で、次のように述べられました。

「この次の2月で2年経つわけですね。昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですの

で、何らかのことは発表する必要があるという風に、私は思っております」

これを受け、メディアは結婚問題のXデーを来年2月に設定。

だが小室さんの母・佳代さんの借金問題は一向に解決しておらず

「ついに破談の日が来た」とゆう見方もある。

実際、秋篠宮様も心中は破談を望んでいるのだと思います。

更に会見で殿下は「長女と結婚について話をする機会はありません。

小室家とも連絡は取っておりません」と述べ、ボツ交渉であることを明かしている。

こうなると2年前のあの時に戻ることになる。

2年前、結婚延期を発表した際、眞子さまは文書で次のように綴っていた。

「皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく修了した後の再来年に延期し、

充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」

これを読めば、2人の結婚は2年前の時点で担保されていたことになる。

これは宮内庁関係者の話。

「眞子さまと小室さんの心の拠り所も、この文章である可能性が高い。

周囲がいくら反対しても、2人が耳を貸さなかったのは

『時期の問題だけであって、結婚はもう決まっている』と考えているからにほかならない」

事実、秋篠宮殿下が誕生日会見を行った後も

「小室さん側からのアクションはない。全く気にも留めていない印象をうける」(同)という。

佳代さんも同様で、今夏に元婚約者男性と話し合いの場を設けるはずだったが、

代理人同士が顔合わせしただけで、交渉は行われなかった。

結果、来年2月に「一連の儀式が終わったので、予定通り結婚します」となる可能性が

日増しに高まっているという。

皇室の結婚問題で世間を大騒ぎまでさせているこの問題だが、来年2月に何もなかったかのように

結婚されても国民は納得し、祝福が出来るのでしょうか?

殿下のお言葉にも反応が無い様な状態から一気に形勢が変わるとは思えません。

皇室の問題だけに国中が注目している。

 

一方の元婚約者の男性だが、ここまでの大きな問題に発展した事で体調も良くないようです。

当事者たちだけ幸せになって、問題が解決しないまま終わる事だけは避けたい事態である。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
markpekedesuをフォローする
チョコ blog