中性脂肪やコレステロールを減らす効果があるのはEPA・DHA

スポンサーリンク

働き盛りの男性の気になる事の上位に入ってくる「肥満」。

毎年健康診断を受けてはいるけど、思ったほど良い結果が返ってこない。

健康診断で言われるのは「もうちょっと痩せましょうね」。

その中でも「中性脂肪とコレステロール」には要注意!

 

悪い結果を放っていては重大な事態を招きかねないので

日々の生活から対策をする事が大切になってきます。

 

EPA、DHAの効果

血管や血中のコレステロールの値が高いと、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・心臓発作といった

成人病の原因になります。

そんな成人病を予防してくれるのがDHA・EPAです。

DHA・EPAを摂取することで血をサラサラにしてくれますし、コレステロールの値を下げて

善玉コレステロールを増やしてくれる効果もあるんです。

DHAと仲間のEPA血栓予防や中性脂肪を減らす働きををしてくれます。
このことから、成人病予防のほかダイエットにも有効と言えます。

 

EPA・DHAを摂取しよう

EPA・DHAが効果的なのはお分かりになったと思いますが、どのように摂取するのが

良いのでしょうか?

EPAとDHAはマグロ、イワシ、ブリ、サバ、サンマといった青魚に多く含まれています。

元々お肉をあまり食べない日本人は魚や野菜を中心とした食生活でしたので

成人病等は少なかったのですが、食生活の欧米化によって上記のような

青魚を食べる機会が激減してしまっているのです。

 

ですので、毎朝青魚を食べましょう!

朝が無理なら夜に魚を中心とした食生活にする事が大切なんです。

 

ですが正直無理ですよね?

食生活で難しいのであれば、やはりサプリメントに頼るのが得策です。

 

おすすめEPA・DHAサプリ

ディアナチュラの特徴は

・国内工場で製造、無着色・保存料無添加、自社の厳しい規格や基準を満たす原材料

・EPA600mg DHA260mg(6粒当たり)

・酸化防止剤(ビタミンE)

・価格1622円

DHC EPA 30日分

こちらも有名会社DHCのEPA・DHAサプリです。

DHCの特徴は

・EPA350mg、DHA80mg(3粒当たり)

・酸化防止剤(ビタミンE)

・価格957円

 

酸化防止剤(ビタミンE)が大事

上記で2種類のおすすめサプリを紹介しましたが、EPA・DHAの量も大事ですが

酸化防止剤であるビタミンEが入っている事も重要なんです。

 

とゆうのもEPA・DHAは酸化しやすいため注意が必要なんです。

酸化するとゆう事は劣化するとゆう事なんです。

いくら体に良いサプリでも酸化してしまうのであれば逆効果になります。

そのため抗酸化作用のあるビタミンEなどが入っていることが大事になってきます。

 

そもそも中性脂肪とコレステロールの違いって?

 

■中性脂肪
体内の脂質の約9割を占めるもの。主に脂肪細胞に蓄えられて、体を動かすのにエネルギーとして使われます。
■コレステロール
リン脂質とともに体内の脂質の1割を占める。
体を動かすエネルギーにはならない。
役割
◎細胞を包む細胞膜の形成
◎筋肉を作るホルモンの原料になる
◎栄養分の分解や吸収をする胆汁酸のもとになる
体内に広く分布し、余分にあると血液中に留まり悪さをする。

*参照 http://www.dosho-machi.co.jp/disease/kousikessyou2.html

 

 

中性脂肪値、コレステロール値が高いとどうなるのか?

中性脂肪値とコレステロール値が高い状態が続くと動脈硬化のリスクが高まります。

動脈硬化になると「心血管病」を発症のリスクが高まります。

突然倒れてそのまま・・・なんてこともあり得るのです。

 

中性脂肪が多いのは肥満の方に限りません。

外見では肥満ではない方も、脂質の多い食べ物やアルコールの過剰摂取をしていたり

すると、肥満でなくても基準値より高くなる事もあります。

 

最後に

中性脂肪やコレステロールは数値が高くても症状が出ない為

放置されがちですが、早めに対策をすれば予防できるものなのです。

 

病院嫌いの方も多いとは思いますが、健康な毎日を送るためにも

サプリメントで日々の改善をしましょう!