リバウンドが取れない時の対処法はこれ!【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回は「リバウンドが取れない時の対処法はこれ!」とゆうテーマです。

 

”リバウンドを制する物は試合を制す” とうゆう言葉を知っていますか?

マンガの「スラムダンク」で出てきた言葉です。

 

この言葉の通りにリバウンドは試合に勝つためにとても大切な物です。

ですが、身長が低かったりジャンプ力が他の人より低くても出来る

対策を書いていきます^^

 

まずはスクリーンアウト(ボックスアウト)

最初に出来る対策としては「スクリーンアウト」です。

 

ディフェンス時もオフェンス時も「スクリーンアウト」

必ずしないといけません。

 

普段からしっかりスクリーンアウトの練習をしておきましょう。

スクリーンアウトの最大の目的は、「相手を飛ばさない」とゆうことです。

 

スクリーンアウトで相手がジャンプしても届かない状態まで押し出します。

そのまま自分がジャンプをしなくてもボールが取れる。

これが最高のスクリーンアウトになります。

 

これが出来れば小さな選手でもリバウンドが取ることが出来ます。

 

チップアウト

もう一つは「チップアウト」です。

チップアウトは皆さん知っていますか?

 

ボールをキャッチではなく弾きます。

弾いたボールを味方に取ってもらいます。

 

管理人もそこまでジャンプ力が無いため、チップアウトをよく使います。

 

この技はボールをキャッチしなくてもよい為、身長が低くても

ジャンプ力が低くても大丈夫です。

 

ただ、周りの選手がフォローする形になるので

チーム全体がリバウンドはチップアウトをするとゆう認識が

無いといけません。

 

ですが、かなり使える技ですのでリバウンドで悩んでる方は使ってみて下さい。

 

最後に

バスケットは大きい選手のスポーツと言われています。

 

それはリバウンドにも言えることなのかもしれませんが

スクリーンアウトとチップアウトを使えば小さい選手でも

リバウンドを取ることは可能です。

 

だからと言ってジャンプ力を鍛えなくても良いわけではありませんよ!

リバウンドの基本となるのはジャンプ力や体幹です。

 

リバウンドが取れるようになると、ボールの保持率も増えますし

試合を有利に運べるようになりますので、リバウンドを頑張りましょう!

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^