状況を見ながらプレーする力をつけよう【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回は「状況を見ながらプレーする力をつけよう」とゆうテーマです。

 

バスケットは一瞬一瞬で状況が変わるスポーツです。

オフェンス、ディフェンスの位置を確認しながら攻めますが、

判断を間違うと良いプレーが出来ません。

 

そんな状況判断について書いていきます。

 

状況判断をしっかりしよう

多いのは、自分が練習した技を出したくて周りの状況を見ずに

とりあえずドリブルする。

1 on 1をしたがる。

これでは良い選手にはなりません。

 

練習した技を試合で試すのが悪いわけではありません。

 

周りの状況を見ずに自分勝手なプレーがダメなのです。

 

フリーの選手がいるのに、相手がインサイドの守りを固めているのに

そこで1 on 1をする必要はありませんよね?

 

そうではなく、試合の流れの中でドライブが効果的な状況が来た時に

自分の練習した技を試せばいいのです。

 

ボールを貰ったらとりあえず試すのではダメです。

 

ポジションに必要な練習をしよう

何のスポーツに対しても言える事ですが、状況に応じたプレーをする事が大切です。

 

例えば誰も3Pシュートを打てないチームと試合をするならば

インサイドを固めて、ドライブを警戒していればある程度の対策は出来ますね?

しかも、ミドルではなく3Pラインの外でボールを持たせれば、シュートの選択肢が

無いので守る側は守りやすいですね?

 

こうゆう状況にならないように、最低限ポジションに必要な

プレーの練習をする必要があるのです。

 

先程の説明のように相手がインサイドの守りを固めているのであれば

アウトサイドからシュートを打っていかなくてはなりません。

もちろんミドルから3Pまで幅広く。

 

アウトサイドのシュートが苦手だから、それよりドライブの方が得意だから

とゆう理由でプレーしていては悪循環ですし、状況判断が出来ていません。

 

その状況に応じたプレーをしていきましょう。

 

アウトサイドが入りだすと、敵はシュートチェックをしないといけませんので

外に出てきますよね?

その出てきた所をドライブで抜き去る。

今度はドライブを警戒して、あまり外に出てこない時は

積極的にアウトサイドシュートを狙う。

 

これが理想ですが、これをする為にはドライブもアウトサイドシュートも

どちらも練習しなければなりませんね?

なので自分が得意なプレー、したいプレーだけを練習するのではなく

自分のポジションに必要なプレーの練習をしないといけないのです。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

状況判断が出来るようになると、バスケIQも上がってきます。

 

バスケIQが上がると、どこへ行っても、誰とプレーをしても

通用するようになってきます。

 

状況判断ができる選手はチームにとっても大切な存在ですので

試合に出れる時間も増えます。

 

バスケットは一人でしているのではありません。

チームでするスポーツですので、しっかり状況を見て

自分勝手なプレーばかりしないようにしましょう!

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^