ダイエットで辛い時期を乗り越える為にする事!【ダイエット】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

夏と言えばダイエットですね~~^^

頑張っている方も多いのでは?

今回は「ダイエットで辛い時期を乗り越える為にする事」とゆうテーマです。

 

ダイエットと言えばやはり「辛い」とゆう事が一番に浮かぶと思います。

 

ですが、せっかく決心して始めたダイエットが失敗に終わらないように

普段から出来る方法をお伝えします。

 

何の為なのかを思い出す

ダイエットをしている理由は人それぞれあると思います。

・健康診断で数値が悪かった

・好きな人に振り向いてもらいたいから

・綺麗になりたい

・カッコいい体になりたい

・・・etc

ですが、ダイエット中は「食事制限」や「運動」で辛くなる事があります。

その為、辛い事ばかりに注目してしまい、本来の目的を見失いがちです

 

「一体自分は何の為にこんな辛いダイエットをしているんだ?」と問いかけてみてください。

「辛い」「止めたい」ではなく「何のため?」とゆう考え方を常にして下さい。

 

 

ダイエットを止める事はデメリットばかり

例えば、健康診断の数値が悪かった人がダイエットで挫折してしまうと

数値は良くなる事はありませんね?

 

しかもその悪いまま放置をしていると、色んな病気になってしまう可能性もあります。

だかと言って辛いダイエットはしたくない・・・

 

自分自身にとって

・病気になってしまう事

    or

・2~3ヶ月ダイエットを頑張る

後になって後悔をするのは病気になってしまう事なのではないでしょうか?

 

病気になってしまうと治療費もかかりますし、

仕事も休む事になるかもしれません。

 

それより、少々辛くても本来の目的である

「病気にならない為のダイエット」をした方がいいですよね?

 

ダイエットで失敗する人

ダイエットで失敗する人は

・言い訳をする

・時間が無いと言う

・自分の都合の良いように考える

このような人が挙げられます。

 

先程書いたように健康の為のダイエットでは無い方は、

「いつダイエットを止めてもいいや」とゆう考え方の人が多いです。

 

言い訳が多い人も

「付き合い等でお酒を飲むしダイエット出来ないよ~~」とか

「仕事が忙しくてジムにも行けない」

と言います。

 

あとは、「この体型でも好きになってくれる人を探そう」

「もういい歳だし、痩せないよね~~」

と、挫折した自分の都合の良い考え方をします

 

どうですか?

身近にこんな人いませんか?

 

正直ダイエットは辛いものです。

その辛さを知っているからこそ、痩せた後に太らないように気を付けるのではないでしょうか?

 

~を飲むだけで-10kg!

なんて事はありませんし、そんな楽を覚えてしまうと人はどんどんダメになってしまいます。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

辛いダイエットの「本来の目的」を見失う事なく

少しずつでいいのでダイエットを頑張りましょう!!

 

あなたの周りには少なからず応援をしてくれている人もいるはずです。

友達、家族、同僚・・・

そんな方のせっかくの応援もムダにしない様に頑張りましょう!

 

他の記事でも書きましたが、~するだけでダイエットは効果はありません。

ダイエット=辛い

これは変わりません。

ですが結果が出た後、本当の喜びを得られるのは「辛い」があるからなんですよ^^

 

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^