バスケットコートの広さを知っていますか?【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回はプレーに関してではなく「バスケットコート」がテーマです。

 

バスケットのコートの広さって知ってるようで知らないですよね?笑

 

管理人も中途半端な知識でしたので、今回は軽くコートの説明などをしていきますね^^

 

これがバスケットコートの広さだ!!

 

 

はい、こんな感じですね^^

 

長さが28メートル幅が15メートルなんです。

知ってました?

 

長さは知っていても、幅は知らない人が多いのではないでしょうか?

コートの広さが分かった所で、良い記事があります。

 

コートを頭の中で上から見れると上手くなるんでしたよね?

 

そんな事よりも、実際にコートの広さを知ってみてどうでした?

 

ガードのポジションになるとトップの位置に居ることが多い為

センターとかと比べると動く量はそこまで多くないです。

逆にセンターはリングからリングまで毎回走りますので

トータルして走る距離はガードより長くなり事があります。

 

冷静になると狭いコート

バスケットは常にオフェンスとディフェンスがハーフコートに居ますよね?

28÷2=14mですね?

 

14m×15mの所に10人も居るスポーツは他に無いのでは?

しかも常に動いている。

 

何が言いたいか分かりますか?

バスケットは一瞬一瞬が大事なスポーツです。

なので「判断能力」が必要不可欠です。

一瞬の判断で、パスをするのかドリブルなのかシュートなのか・・・

同じシチュエーションはないのですから。

 

この「判断能力」があればあるほど、早く成長しますし上達します。

状況判断が出来るようになると、他のチームに行っても

他の誰としても適応出来るようになります。

 

 

最後に

今回はコートの記事でしたので、「判断能力」だけにしておきます。

 

ですが、この「判断能力」はとっても大事です。

ですがいつも言うようにすぐに習得できるものではありません。

経験があってからこそになりますが、意識しておくだけでも効果はあります。

初めから出来る人はいません。

ですが、少しの意識から成長していくものなのですよ!

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^