激しいプレーと危ないプレーは別物!【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回は「激しいプレーと危ないプレーは別物!」とゆうテーマです。

 

皆さん、上手になるために毎日一生懸命練習をしていると思います。

ダラダラ練習するよりかは、集中して練習もしているかと思います。

 

しかし中には一生懸命になり過ぎて “危ないプレー” をしている方もいます。

 

危ないプレー

バスケットは体の接触がたくさんあるスポーツです。

 

レイアップシュートに行く時など、ディフェンスはブロックで防ごうとします。

ですがその時に変な位置からブロックをしようとしてしまいケガに繋がったりします。

お互いにジャンプをしていますが、気を付ければケガを防ぐ事が出来ます。

 

激しくプレーするのは上手くなる為に必要です。

オフェンスもディフェンスもレベルが上がるに連れて激しなってきまので。

 

ですが激しいプレーと危ないプレーは別なのです。

 

先程のレイアップのケースでも

・わざとレイアップ中に前を横切る

・シュートを外させるために危険な位置にいる

・明らかにファールになるタイミングなのに無理矢理ブロックに行く

・・・etc

 

ワザとではないのですが、一生懸命が故にしてしまうのです。

ワザとしている人がいればプレーヤー失格ですからね・・・

 

 

激しくプレー

激しくプレーとゆうのは、少しくらいのファールなど気にしないくらいの事です。

 

例えば戦場と言われているゴール下などは、手を叩かれるのが当然なくらい激しい場所ですね?

そこでリバウンドを取ったりシュートを打つ時に少々のファールなどは

気にしないくらいの感じで練習するのです。

 

理解できていますか?

文章能力が無くてすみません・・・

 

 

要は少々のファールも気にしないくらいの練習をしましょう!

とゆうことです。

 

それに慣れていれば、試合中にファールをされてもメンタルが崩れたりして

プレーに影響が出にくくなります。

 

少々のファールでも怒るような人がいますよね?

そうゆう人は、怒りやストレスで試合中でもプレーが悪くなりがちです。

 

怒りで相手にファールをやり返してファールアウト・・・

そうゆうプレーヤーをたくさん見てきました。

 

激しく練習すると、フィジカルだけでなくメンタルも鍛えられるのです。

 

かと言って、前の章でも言いましたが危ないプレーはいけませんよ!

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

激しいプレーと危ないプレーは別とゆう事がお分かりになったでしょうか?

 

ただケガをしない様にとゆう理由で、全く激しくない練習はダメですよ!

経験が多くなれば危ないプレーも分かってきます。

ですが、最初は分かりにくいものです。

 

なので周りから「今のは危ないよ」みたいな感じで

声を掛けてあげましょう!!

 

練習中では敵でも、試合になれば味方になります。

 

勝つためにも、危なくなく、激しい練習をしていきましょう!

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^