スポンサーリンク

パスの基本は両手!片手パスをさせない【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今日は「パスの基本は両手!片手パスをさせない」とゆうテーマです。

 

どの世代にも共通している事ですが、

・パスは両手が基本

 

特にまだまだ筋力が少ない「小学生」は特に片手になりがちです。

 

 

片手になってしまう理由

片手と言っても様々です。

今回の対象はいわゆる“野球投げ”に対してです。

 

今、管理人が指導しているミニバスの生徒でも “野球投げ” をする選手が多いです。

 

普通の練習では両手でパスをしていますが、

ゲーム形式の練習になると“野球投げ”になってしまいます。

 

野球投げになる理由は・・・

走ってないからです。

 

走りながらパスをする癖が付いていない為です。

走りながら野球投げは出来ません。

 

そのほかの理由としては、“野球投げ” の方がスピードが速い為に

本人は“野球投げ”の方が良いパスなんだと判断してしまうのです。

 

その為、練習でも近いのに“野球投げ” をする選手が出てきてしまうのです。

 

 

片手パスがダメな理由

・振りかぶる為、出すのが遅い

・振りかぶる為、コントロールしにくい

・利き手しか投げれない

(反対の手で野球投げは出来ない)

・肩を痛める

・・・etc

 

ほとんどが悪い理由ばかりです。

 

両手パスは上に書いた理由を全部カバー出来ます。

・パスを出すまでが早い

・コントロールしやすい

・利き手は関係ない

・肩を痛めない

 

“野球投げ”が悪い理由がお分かりになりましたか?^^

 

 

もちろん“野球投げ” を絶対にするな!

と、ゆうことではありません。

 

速攻などで仕方なく使う場合もあるでしょう。

 

今回はあくまでハーフコートくらいの距離の事です。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

・パスは両手が基本

これをテーマにしてきましたが、“野球投げ”が悪い理由がお分かりになりましたか?^^

 

独自の形でも良い!とゆのは基本ができてこその事です。

 

基本の形を少しずつ自分仕様にするのが独自の形です。

 

またパスの出し方に関する記事も出しますのでお楽しみに^^

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^

 

 

コメント