シュート時の指の悪い癖は今すぐ直しましょう【バスケ】【ミニバス】

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回は「シュート時の指の悪い癖は今すぐ直しましょう」とゆうテーマです。

 

先日バスケットを指導している時に、中学1年の子のシュート時の

が気になったのでこの記事を書こうと思いました。

 

基本リリース後の指はリングに向ける

これが今回1番伝えたいことです。

 

自分のシュート時の指を見直して下さい。

ミニバスの子は親御さんに確認してもらいましょう^^

 

どうなっていますか?

下の画像のように指が真っ直ぐリングを向いていますか?

 

こんな感じや・・・

 

こんな感じになってませんか?

 

 

シュートはいかに真っ直ぐ飛ばすかが大切です。

 

真っ直ぐ飛ばすのに手首や指が曲がっていたのではダメですね!

 

手は中指が一番長いです。何が言いたいかお分かりですか?

 

一番長いとゆうことは、リリースで最後に離れるのは中指なんですね^^

 

なので基本的には、中指がリングに対して真っ直ぐがベストです。

 

ですが、人によっては人差し指と中指の間がリングに対して真っ直ぐが良い!

という人や、

人差し指がリングに対して真っ直ぐが良い!とゆう人もいます。

 

その辺は人によりますが、この辺が許容範囲内です。

 

それ以外は基本真っ直ぐ飛びません。

 

それでも真っ直ぐ飛んでいるのであれば、変な手首の使い方、

指の使い方をしています。

 

変な癖は一度身に付くと直すのに苦労します。

すぐなら短い期間でも直せますが、長い間変な癖を身に付けている場合は

なかなかすぐに直すのは難しいでしょう・・・。

 

ですので、変な癖を発見したらすぐに直しましょう。

 

それは「個性」ではなく、ただの「変な癖」です。

 

フォームよりもまずは指を直す

指の話をしましたので、こんな意見もあるかと思います。

「それよりもフォームを直した方がいいのでは」とゆう意見。

 

それも確かに大切な事ではあります。

 

ですが、フォームより指を直した方が良いです。

 

なぜならシュートフォームは歳を追うごとに変わってくる事が多いのです。

身長が伸びたり、筋肉が付いてきたり・・・etc

 

体の状況が変わってくれば、シュートフォームが変わってきてもおかしくありません。

 

今までは力がないから、低い位置でのボールリリースじゃないと届かなかったのが

筋肉が付いたおかげで、もっと高い位置からリリースしても届くようになった。・・・etc

 

たったこれだけの事ですが、もうシュートフォームは変わってしまってますね^^

 

ですが、シュートフォームが変わっても指の位置は変わりません。

 

指を真っ直ぐする重要性が分かって頂けたでしょう?^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

指が真っ直ぐリングを向いていますか?

 

シュートをコントロールするのに重要な ” 

悪い癖はすぐに直して、正しい形を身に付けましょう^^

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^

 

 

 

 

コメント