バスケットでディフェンスが上手くなる為に大事な事 vol. 2

スポンサーリンク

こんちは!

管理人の「チョコ」です。

 

今回は前回に引き続き「バスケットでディフェンスが上手くなる為に大事な事 vol. 2」です。

vol.2は

・手を下げない

・ハーキー

この2点です。

 

手を下げない

ディフェンスが一番怖いのは簡単にシュートを打たれる事です。

 

ディフェンスが苦手な人は、ドライブで抜かれる事を警戒して手を下げています。

 

良いディフェンスはしっかりシュートチェックの手が上がっているディフェンスです。

関連画像

↑*こちらの画像はバスケットの街、能代市のサイトの写真をお借りしてます

 

こうゆう形ですね^^

 

しっかり腰を落としている良いディフェンスです。

相手がドリブルをし始めてもこの状態を維持できればベストですが、

厳しい場合はシュートチェックの方の手を下ろしてもOKです。

 

ですのでディフェンスの練習時から、常に手を上げてスライドをするようにしましょう!!

 

ハーキーを使う

ハーキーとは足を細かく動かす動作の事です。

 

このハーキーを使う時はシュートチェックに行く時です。

 

相手がドリブルが無い状態なら普通のダッシュでシュートチェックに行けばいいですが

まだドリブルの選択肢がある状態で単純にダッシュでチェックに行くと簡単に抜かれてしまいます。

 

ですので、ドリブルの選択肢がある状態の選手に対するシュートチェックに行く時は

ハーキーを使って簡単に抜かれないように近づきます。

 

この時も、もちろんシュートチェックの手は上げたままですよ^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

・手を下げない

・ハーキー

この2点を意識して練習して下さい。

 

なんだ、そんな事か・・・

いつもやっているよ・・・

 

と、思われたかもしれません。

 

ですが頭で分かっているつもりでも、実際の練習や試合になれば出来ていなかったり

していなかったり、とゆう状況がかなり多いです。

 

実際にそんな選手はたくさん見てきました。

 

そんな風にならないように、何も考えなくても自然とこの2点のプレイが

出来るように、繰り返し練習して下さいね^^

 

ではまた、次の記事でお会いしましょう~~^^

 

 

コメント