バスケットで大事なのは足の速さだけではない!vol. 2

スポンサーリンク

こんにちは。

管理人の「チョコ」です。

 

今回も前回に引き続き、バスケットで大事なのは足の速さだけではない!

とゆう題で書いていきたいと思います。

 

コースを考えて走る

まずはコースを考えて走るとゆう事です。

 

ただ早いからと言って適当なコースを走っていたのでは、パスをもらえませんし

味方の邪魔をしてしまうかもしれません。

 

速攻の練習で2戦や3線の練習をすると思いますが、その練習をベースにして

実際の試合の時にどのコースを走ればパスを貰いやすいか、

スペースを作りやすいか、等をチームや自分なりに考えて練習しましょう。

 

速度を考えて走る

速攻などで2対1の状況などで味方やディフェンスの位置を確認しないで

ただ早く走る人がいますが、これもNG!!

 

レイアップが得意でミドルシュートが苦手な選手に多く見られます。

思考としては、とりあえずフリーでレイアップをする為には速く走らないと!

とだけ考えているからです。

 

むしろ逆でしっかり2対1の状況で攻める方がフリーでレイアップが出来ます。

 

分かりますよね?^^

 

なのでただ速いだけでなく、状況に応じた走りをする必要があるんです。

しかも味方がドリブルをしていて、あなたはただ走っているだけなら

少し遅れていても追いつけますしね^^

 

フライングはダメよ!

これもよくする人がいますね~~。

 

味方がしっかりリバウンドを取る前に走り出す人。

 

そんなに焦らなくても、このブログを読んでいれば大丈夫ですよ^^笑

(宣伝です!笑)

 

当然ながらそんなフライングして走っている人は絶対良い選手になりません。

断言します!!

 

まとめ

・コースを考えながら走る

・速度を考えて走る

・フライングはしない

 

どうですか?

今回も早く走らないと出来ないプレーは無かったでしょ?

少々遅くても、しっかり考えながらすれば上手くなりますし

試合にも出れるようになりますよ^^

 

ではまた次の記事でお会いしましょう~~^^

コメント