今さら聞けない紫外線!紫外線量は季節や時間帯によって違うの?

スポンサーリンク

こんにちは。

女性の天敵で知られている「紫外線」

少しづつ暖かくなってきて紫外線を気にしだす方も多いと思います。

今回は知っているようで、意外と知られていない紫外線の記事を書いていきたいと思います。

 

そもそも紫外線って?

紫外線とは簡単に説明しますが、太陽光の波長が短く、かつエネルギーの高い光の事です。

なんだかよく分からないですよね?^^;

その紫外線でも3種類ぁり、とても強く皮膚がんになる波長だったり、

日焼けの原因になる程度の波長があったりします。

 

それだけでなく、シミやそばかす、シワの原因にもなったりします。

 

この程度はみなさん知っておられると思いますので割愛しますね~

 

紫外線には3種類ある

これは皆さん知っていますか?

紫外線にはUV-A、B、Cと3種類あるのです。

 

UV-Aは地上に降り注ぎやすい紫外線です。

エネルギーは弱いのですが、ジワジワとお肌に悪影響を及ぼします。

あと、雲や窓ガラスも通り抜けやすいので、曇りの日や室内でも

影響を受けるのが特徴です。

 

UV-BはAに比べると地上に到達する量は少ないのですが、逆にエネルギーが強いのが特徴です

長時間浴びてしまうと、真っ赤に焼けたり、水膨れが出来てしまう程の

強い紫外線なのです。

 

UV-Cですが、オゾン層に阻まれて地上には届きません。

ですので一般的に言われている紫外線はUV-AとUV-Bの事です。

 

紫外線の強い月や時間帯は?

紫外線は、太陽が昇ると少しづつ量が増えていきます。

だいたい10時~14時までが1日の紫外線量の多い時間帯とされています。

日中はなるべく外に出ない!とゆう感じで対策されている方もいると思います。

 

実際にこの10時~14時までの時間帯に1日の50%の紫外線量が降り注いでいます。

 

ですので、早朝や夕方に屋外で活動をする機会が増えますが、

紫外線の強い夏場は早朝や夕方とは言え、かなり紫外線は強いです。

 

基本的には季節や時間帯に限らず多少の対策をした方が良いです。

 

日焼け防止だけでなく、皮膚ガンやシミの防止にも繋がります。

 

特にお肌が人より弱い方や、アトピーの方は紫外線の影響を

受けやすい傾向にありますので、しっかりとした対策が必要です。

 

紫外線の強さは4月一気に上がっていきます

暖かくなる春から夏にかけては、服装も薄くなってきますので

直接紫外線が肌に当たるようになる為、しっかりした対策が必要です。

 

逆に秋から冬にかけては、服装も厚くなりますので夏場よりかは

対策が楽になります。

 

あとは、太陽が出ている時間が長いほど、紫外線量も多くなります。

 

1年で見ると、「夏至」の時期が1番多く「冬至」が少ない

考えてもらえたらと思います。

 

まとめ

・紫外線は3種類ある

・10時~14時までが1日の紫外線量の多い時間帯

・春から夏にかけては、紫外線対策を万全に

・太陽が出ている時間が長いほど、紫外線量も多くなる

 

 

いかがだったでしょうか?

太陽は毎日昇ってきますので、紫外線を受けない日はありません。

ですが、正しい知識と対策でかなり防ぐ事が出来ます。

これから活動的になる時期ですので対策はしっかりしましょう!

 

では、また次の記事でお会いしましょう~~^^

コメント