座禅のススメ!実際にしてみて感じた事や、効果などを大公開!

スポンサーリンク

こんにちは。

この記事を読んでいるあなたは少なからず ”座禅” に興味があると思います。

しかし興味はあっても中々出来ないのが現状ではあると思います。

今回は実際に管理人が座禅をして感じた事などを書いていきたいと思います。

 

座禅をしようと思ったきっかけ

管理人が座禅をしようと思ったきっかけなんですが

他の記事でも書いていますが、管理人は不安障害を持っています

漠然とした不安や、病気や死に対する恐怖や不安感があります。

常にそんな不安が頭を駆け巡る生活を送っていますが、この不安な気持ちや

恐怖感を和らげる方法は無い物かと、模索していました。

その中で座禅をしてみようと思いました。

 

座禅をする事で少しでも気持ちや体の変化があるのではないかと思って。

 

管理人は京都がとても好きなのです。

色んなお寺や神社があり、町並みもとても好きです。

1年に1回は京都を訪れるのですが、(もう少し前は年2~3行ってました)

初めて座禅をするなら京都でしたい!!と思いました。

 

座禅だけなら近くのお寺でも出来るのでは?と思われる方もおられると思いますが

京都はご存知の通り観光客も多く、座禅体験が出来るお寺が多いです。

しかも、初心者でも出来る様に丁寧な説明があったり、説法を聞いたりも出来ます。

 

そんな感じで念願の京都での座禅をする事になりました。

 

座禅をしてみた

今回管理人がお邪魔したお寺は

東福寺塔頭 毘沙門堂 勝林寺 さんに行ってきました。

 

座禅体験の料金は1000円でした。

料金を支払い、部屋に通されると30人程の方がおられました。

 

そして時間になり、住職さんからお寺の説明があったり、座禅のやり方を説明してもらいます。

 

足の組み方や、手の位置、目の開き具合など・・・

 

分かりやすかったのですが、管理人はバスケで膝をケガしてしまっていますので

普通のあぐらでさせて頂きました。

組めない方は無理にしなくても大丈夫だそうです。

 

そして15分間の座禅が始まりました。

管理人は不安障害を持っていますので、じっとしておくのが苦手です。

それを改善する為に参加したのですが、なかなか始めはソワソワした感じが収まりませんでした。

ですが、住職さんの教えの通りに呼吸に意識を向けると、少しずつ落ち着いてきました。

呼吸は全て鼻で行って下さい、と言われていたのですがそれは難しかったので

鼻から吸って、ゆっくり口から吐いてました。

途中少しだけ鼻で呼吸が出来ましたが、あまり長くは出来ませんでした。

 

途中から、集中出来だしたのか、不思議な感覚になりました。

ボーっとしているような、感じたことの無い感覚でした。

ですが怖いとか気持ち悪い感覚ではなく、フワーとした感覚でした。

 

15分が終わり少し休憩になりました。

皆さん足を伸ばしてリラックスされていました。

休憩をしながら住職さんの座禅のアドバイスを聞き

また15分再開です。

 

先程よりかは少し慣れたのか、すぐに落ち着いて座禅をする事が出来ました。

 

お寺は基本的には静かですが、周りに病院や大きな道路もある為色んな音がしてました。

 

ですが、なぜか音が気にならなくなってきていました

座禅が上手く出来ていたんですかね?^^

 

座禅と言えば後ろから方を叩かれる

みなさんもこのイメージがあるのではないでしょうか?

 

実際に叩かれます。

ですがあの叩いてもらうのは、自分で決めます。

(本物の修行は違うのかも知れませんが・・・)

 

座禅の説明の時に住職さんから説明があり、

・雑念が多くなってしまった時

・肩に力が入ってしまっている時

・気持ちを切り替えたい時・・・etc

そんな時には合唱をして下さい。と

それを見て叩きに行きますおしゃってました。

 

ですが叩くのは後ろからではなく前からでした。

 

宗派によっては座禅を壁に向いてする所もあるようで、それでは正面に行けないので

背後から叩きます、との事。

 

管理人も叩いてもらいました。^^

 

痛いとゆう感覚ではなく、スッキリする感じでした。

 

そんな感じで2回目の座禅も終わり、最後はお茶を飲みながら少し説法。

 

凄く心地よい気分で説法を聞けました。

 

 

いかがだったでしょうか?

普段出来ない事なのですが、是非一度座禅体験をして頂きたいと思います。

不安障害を持っている方も、自分を見つめなおす時間を作ってみてはいかがでしょうか?

管理人は今後も座禅を続けてゆきたいと思います。

続けて色んな効果が出てきたら、また記事で書きたいと思います^^

 

では、また次の記事でお会いしましょう~~^^

コメント