ダイエット

りんごダイエットはリバウンドするのか?その要因と対策を解説

スポンサーリンク

 

栄養価が高く、ヘルシーなイメージのあるりんごを食べるりんごダイエットに挑戦をしてみたが、

上手くいかなかったという経験をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな失敗を繰り返さないためにこの記事ではりんごダイエットで

リバウンドをしてしまう原因とその対策法を紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

りんごダイエットでリバウンドしてしまう原因

 

りんごダイエットでリバウンドしてしまう原因は主に2つあります。

 

1つ目はりんごを摂取する量と時間が原因です。りんごは糖質を多く含みます。

りんご1つの糖質は約40gで、これは白ご飯のお茶碗1杯分の2/3の量に匹敵します。

そのため、りんごを過剰に摂取したり、夜食としてりんごを摂取したりすると

リバウンドに繋がる可能性があります。

 

2つ目はエネルギーを貯めこんでいく身体にしてしまうことです。

ダイエット期間中にりんごをだけを食べるという生活をしていると身体はエネルギー不足になりま

す。身体は飢餓状態になり、栄養を積極的に吸収したり、なくなったときのために

貯めこんでおこうとしたりするようになります。

そのため、ダイエットが終わった時に普通の食事で得たエネルギーを

身体が貯めこもうとすることがリバウンドに繋がります。

 

 

スポンサーリンク

りんごダイエットでリバウンドしない為の方法

 

 

 

 

りんごダイエットでリバウンドしないための方法を紹介していきます。

 

りんごダイエットでリバウンドしないためには、りんごの摂取量と時間、

食事の栄養バランスの調節が重要です。

りんごの摂取量は糖質の多さから考えると1日1/4程度の摂取がお勧めです。

 

ただ、朝食や夕食をりんごに置き換える場合は、丸1個の摂取をお勧めします。

りんごの摂取時間は、主食を置き換える場合は朝食か夕食がいいでしょう。

朝食に摂取すると、りんごが消化によいことから便秘解消など身体の消化活動を促進します。

夕食にりんごを食べることを勧める理由は、普通の食事よりカロリーが少ないからです。

夜間の活動量は日中に比べてすくないので、1~2個のりんごの摂取でエネルギーは十分です。

 

りんごを間食として食べたいときには、夜間や寝る前を除いた時間にしましょう。

普段食べている間食の食べ物のカロリーがりんごより高い場合に効果的です。

りんごはカロリーが低めですが、糖質は多いので、過剰摂取に注意しましょう。

食事の栄養バランスに関しては、りんごを主食・間食として摂取するどちらの場合でも、

栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

そうすることで、ダイエットが終了した後のリバウンドを防ぐことができます

 

 

スポンサーリンク

りんごダイエットのリバウンドの仕方

 

 

りんごダイエットのリバウンドの仕方は、りんごの過剰摂取の場合と

身体がエネルギー不足になる場合があります。

りんごは糖質を多く含む果物なので、過剰に摂取するとダイエットのつもりが

体重増加につながります。

また、りんごばかりを摂取していると栄養バランスが悪くなり、

りんご以外のものを接種した場合に身体がエネルギーを貯めこんでしまいます。

 

この2つのパターンが主なりんごダイエットのリバウンドの仕方です。

 

 

スポンサーリンク

りんごダイエットのリバウンドまとめ

リバウンドしないためには

・りんごの摂取量

・時間

・食事の栄養バランスの調節

が重要です。

 

今回の記事ではりんごダイエットのリバウンドの要因とその対策について紹介してきました。

りんごダイエットは痩せないイメージやリバウンドをしてしまうイメージが多くあるかもしれません。

しかし、摂取量や時間、栄養バランスをきちんと考慮すると体重を落としていくことは可能です。

ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チョコ blog