ダイエット

ダイエット中の停滞期の期間はどれくらい?乗り越えるためのポイントはこちら

スポンサーリンク

ダイエットに必ずと言っていいほど訪れる「停滞期」。

少しずつ体重が減っている時に限って訪れますよね。

 

そんな辛い停滞期を乗り越えるためのポイントをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の停滞期がくる時期

まず停滞期が来る時期なんですが、体重の5%が減った時点から来ることが多いようです。

仮に60キロの方の停滞期は5%減った時期からですので、

3キロ程落ちた時くらいから始まります。

 

この停滞期は、体に備わっている機能で「ホメオスタシス」と呼ばれています。

この機能が働くことで停滞期が訪れるとゆう仕組みになっています。

 

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の停滞期の期間はどれくらい?

実はこの停滞期には個人差があって、1、2週間で終わる方もいれば2ヶ月程続いたり

する人もいるんです。

ですが、停滞期はずっと続くものではありません。

必ず終わりは来ます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで訪れる停滞期を乗り越えるためのポイント

 

 

 

 

食事制限で体重が落ちないなら筋トレを中心にしてみる

きっと今この記事を読んでいるあなたは、今日までの減量を食事制限をメインに

ダイエットをしているのではないでしょうか?

 

もちろん今後の食事制限は大事ですが、ダイエットの次の段階に入りましょう!

そのまま食事制限を続けつつ、筋肉を増やしていきましょう。

筋肉量を増やせば、何もしなくてもカロリーを消費する「基礎代謝」も上がるので、

停滞期には体重の増減は気にせず、筋トレを重視して脂肪を燃やせる身体作りをしましょう。

 

 

 

 

 

チートデイはしない方が良い

これはあくまで私の体験からですが、チートデイはしない方が良いです。

停滞期は体が「飢餓状態」と判断する正しい反応です。

その飢餓状態を錯覚させるためにチートデイをおススメしているサイトはよくありますが

私がしなかったのは理由は・・・

チートデイをしてしまったら、また食事制限が辛くなると思ったからです。

 

チートデイは好きなものを罪悪感無しで食べれます。

チートデイ後にまた気持ちを切り替えて、食事制限が出来る方なら大丈夫だと思いますが

私はそこで気持ちが折れて、ダイエットを止めてしまうと考えた為

あえてチートデイはしませんでした。

 

 

 

 

チートデイをするのであれば

もしチートデイをするのであれば、ちゃんとやり方があります。

ただ、暴飲暴食をすればいいとゆうわけではありませんのでご注意を。

 

摂取するカロリーは体重×40kcalを目安に摂取してみて下さい。

55キロの方であれば55×40=2200kcalを目安に摂取して下さい。

 

あと、チートデイは1日だけにしましょう。

数日してしまうとリバウンドしてしまいますので、1日で終わらせて下さい。

 

 

 

 

 

 

体重が減らないと焦らない、諦めない

ダイエットで失敗している人は、停滞期に多いです。

今まで少しずつ減ってきていた体重が減らなくなった為、焦って更に食事量を減らしたり

続かないくらいのキツイ運動をしたみたり・・・

停滞期はそう簡単に抜けれるものではありません。

その結果、もうこれ以上は無理なんだとダイエットを諦めてしまいます。

 

せっかくここまで頑張ったにもったいないですよね?

 

絶対に焦ったり、諦めたりは厳禁です。

体重が変わらないですが、ダイエット成功には近づています。

体重が変わらないのであれば焦る必要は全くありません。

 

むしろ、同じ体重で停滞期を過ごしている自分を褒めてあげて下さい。

「停滞期なのに、体重が変わらない自分は凄い!!」とゆう風に。

 

 

 

停滞期は必ず終わる

上記でも書きましたが停滞期はかなり辛い時期ですが、必ず終わりが来ます。

ダイエットで一番つらい時期を乗り越えると、またスルスルと体重が落ちていきます。

 

私自身も経験がありますが、停滞期を乗り越えると食事制限も運動も変わらないのに

体重がドンドン落ちていきます。

 

この楽しみな現象を体験するためにも、辛い停滞期を乗り越えましょう!!

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チョコ blog