おでんの名前の由来って?関東と関西では入っている具が違う?

スポンサーリンク

寒い時期になると食べたくなる ”おでん”

近年ではスーパーで温めるだけの物が売ってあったり、

コンビニで手軽に買えるようになりましたね!

おでんをアテにして一杯飲みたくなる・・・なんて人も多いと思います。

今回はそんなおでんの名前の由来や、関東と関西では入っている

具に違いがあるのか・・・をご紹介していきます。

 

おでんの名前の由来って?

おでんは室町時代に生まれたのですが、当時のおでんは味噌を塗って焼く 豆腐田楽” の事を

おでんと呼んでいました。

しかし近世に入り、こんにゃくや野菜、魚焼きの田楽 ”魚田(ぎょでん)” も生まれたのですが

この当時も味噌を塗って焼く ”焼き田楽” だったそうです。

そして田楽を省略して楽が省略され敬語であるお(御)がついておでんと呼ばれるよう

になったと言われています。

 

とゆうことは当時は今のおでんとは実はまた違った料理であったことが分かりますね^^

 

その後に江戸時代中期から味噌で煮込むおでんに変わっていき、

江戸時代末期に醤油で煮込む形に変っていったそうです。

現代でも味噌で煮込む所もありますので、やはり江戸時代から一気に現代の

おでんに近づいてますね^^

 

関東と関西ではどういった違いがあるの?

・出汁

関東と関西ではまず出汁が違います!

関東は濃い口しょうゆを使い、昆布とかつお節で出汁をとります。

そして、みりん・酒を使って味を整えます。

具材をしっかり煮込んで味を染み込ませます。

 

これに対して関西は薄口しょうゆを使います。

昆布とかつお節は一緒ですが、塩で味を調えます。

具材をあっさり煮込むので、関東風よりかは薄味に感じるかもしれませんね^^

 

・具材

次に具材ですが、関東で人気のあるおでんの具は

・ちくわぶ

・はんぺん

・つみれ

・すじ

などです。

ちなみにちくわぶをおでんの具とするのは関東だけだそうです。

あと、関東の ”すじ” は関西で好まれている牛スジとは違い

魚の軟骨やすじをすり潰した練り物の事を言います。

 

関西で人気のあるおでんの具は

・クジラの舌(さえずり)

・クジラの皮(コロ)

・牛スジ

・タコの足

・ちくわ

・ごぼ天

などです。

関西はクジラ食が盛んだった事もあり、クジラをおでんに入れている所もあります。

先程も書きましたが、関西のスジは牛スジです。

クジラや牛スジと練り物の組み合わせで味に深みが出るので

薄味でも食べ応えがあるのではないでしょうか?

 

練り物などは特徴がある物以外は、関東も関西もほぼ一緒のようです。

あと、大根やこんにゃくもですが^^

 

日本各地で色んなおでんがありますが、とりあえず代表的な関東と関西を比べてみました。

 

コンビ二のおでんもその土地によって違うの?

実はコンビニのおでんもその地域によっては、出汁も具も違います。

全国各地に色んな出汁や具があるように、コンビニもその土地に合わせて

出汁や具を変えてるんですね^^

コンビニのおでんなら手軽にその地域独特の味や具を楽しめますね^^

おでんの近くに置いてある薬味やタレなどもその地域独特の物もありそうですよね!

 

 

いかがだったでしょうか?

普段何気なく食べているおでんですが、地域によって色んなおでんがあるんですね。

寒い季節にはたまらないおでんを食べて、寒い冬を乗り切りましょう!!

 

コメント